1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称すおう・ながとのつじどうのしゅうぞく
周防・長門の辻堂の習俗
指定国指定
市町
区分記録作成等の措置を講ずべき無形民俗文化財時代
一般向け
説明
 県内の各地に数多くある「辻堂」、「お堂」、「休み堂」、「地蔵堂」、「薬師堂」、「観音堂」、「大師堂」、「釈迦堂」、「阿弥陀堂」などと呼ばれて、人々に親しまれ、信仰の対象として行われてきた行事など。旧道に沿った村里近くに、吹き抜け、あるいは、三方を板で囲いをした簡素な堂内に地蔵尊、薬師如来像、弘法大師像、釈迦像、阿弥陀如来像などを安置し、村人達の社交・親睦のために利用されたり、講中(信仰する人々の集まり)で読経や供養が行われたりしてきた。また、道行く人々の休憩場所となったり、旅人を接待したりして、寺社ほど格式ばることのない日常の信仰の場となっていた。近年、それらの習俗が少しずつ衰退してきているので、記録を作成し保存して、後世に伝えようとするものである。
小学生向け
説明
 県内の各地に数多くある「辻堂」、「お堂」、「休み堂」、「地蔵堂」、「薬師堂」、「観音堂」、「大師堂」、「釈迦堂」、「阿弥陀堂」などと呼ばれて、人々に親しまれ、それを信じる心にしたがって行われてきた行事などのことです。堂内に、地蔵尊、薬師如来像、弘法大師像、釈迦像、阿弥陀如来像などが置かれ、村人達のお付き合いに利用されたり、信じる人々が集まる講中で、お経を読んだり、供養が行われたりしてきました。また、道行く人々の休憩場所となったり、旅人を接待したりして、寺や神社ほどの堅苦しさがない日常生活の中で、神や仏を信じて心を安らげる場所となっていました。近ごろ、それらの習わしが少しずつ衰えてきていますので、記録を作って残し、後の世に伝えようとするものです
画像<周防・長門の辻堂の習俗>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ