1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称あさだふんぼぐん
朝田墳墓群
指定国指定
市町山口市区分記念物時代弥生時代
一般向け
説明
  朝田墳墓群は、山口市朝田の丘陵にある、弥生時代後半から古墳時代後半にわたる大墳墓群。
  発掘調査により、木棺墓6、箱式石棺墓13、壷棺墓4、周溝墓(浅い溝を巡らし封土をもたない墓)8、石蓋土壙墓(せきがいどこうぼ=地表面を堀りくぼめて造られた墓穴)8、横穴古墳(丘陵の回りに横に穴をあけて墓としたもの)1、横穴式石室墳(石室を設け複数回の埋葬ができる墓)1が確認された。
 この墳墓群は木棺墓が最初に造られ、次いで箱式石棺と壷棺墓、さらに周溝墓と石蓋土壙墓へと移り、最後に古墳が造られるという弥生時代の集団墓から古墳時代の個人墓への変化の過程を知る重要な遺跡。
 現在は公園として整備されている。
小学生向け
説明
  朝田墳墓群は、山口市朝田の丘のうえにあります。
 弥生時代後半から古墳時代後半までの長いあいだをかけて、多くの墓がつくられました。ここにある多くの墓の古墳は、 弥生時代の集団の墓から古墳時代の個人の墓へと変化しています。集団墓から個人墓への移り変わりを知るうえで重要な遺跡です。今は公園として整備されています。
画像<朝田墳墓群>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
朝田墳墓群(QRコード)
映像

ページトップへ