1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称すまふろがはらのえのき
須万風呂ヶ原のエノキ
指定県指定
市町周南市区分記念物時代
一般向け
説明
 エノキはニレ科の落葉高木。このエノキの巨木は、鹿野町中心部から東約6km、、奥畑集落から山深い秘密尾(ひみつお)に向かう町道の近く、錦川の支流金峰川に合流する奥畑川の左岸にある。
 根元の周囲6m、目の高さの幹周り4.8m、高さ22mで、県下一の巨木である。根元のすぐ上でニ分し、枝張り約15mに及ぶ。分かれた枝の一本が川に向かうが、この枝は、1984年(昭和59)3月折れた。枝の一部は垂れ下がり、フジ等が巻きついている。推定樹齢600余年、幹には一部空洞があるが、樹勢は旺盛である。木の根元には小さな石がまつられ、この地域で古くから信仰の木として保護されてきたものと思われる。
 エノキは本州、四国、九州、朝鮮半島、中国(北部)に分布し、谷あい、斜面、河川沿いや平地に自生する。古来神の宿る木と信じられ、各地に大木が残っている。
小学生向け
説明
 エノキは落葉高木(冬に葉を落とす背の高い木)です。このエノキは、周南市の奥畑川の川岸にあります。根元の周囲6m、高さ22mで、エノキとしては県内一です。樹れい約600年で、幹には空どうもありますが、生き生きとしています。
 根元には小さな石がまつってあり、この地域でむかしから神の宿る木と信じられ、保護されてきたものとおもわれます。
 エノキは古くから信こう仰の対象とされ、各地に大木が残っています。
画像<須万風呂ヶ原のエノキ>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ