1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称わかつきけのがりゅうまつ
若月家の臥竜松
指定県指定
市町防府市区分記念物時代
一般向け
説明
 このマツは、防府市の若月家の前庭にあるゴヨウマツ。江戸時代初期に植えられたものと伝えられ、樹齢300年~400年と推定される。
 高さ1.8mのところで二つに分かれる。一つは立枝となり、地上3.3mのところから無数の枝を出し、直径4.2mの見事な笠形をなしている。他は横枝となって、高さ約2.4mの頭上を水平に北東方向に大きく伸び、前庭の高さ1.6mの塀を越えて、屋敷の前面を囲い込む勢いである。その全長は33mに達し、全国一という。横枝の最大幹周り2.13mで、横枝には2~3mおきに枝が出ていて、さらに分かれた小枝がきれいな笠形に整えられている。笠の大きいものは直径約2~3mもある。
 長く伸びる横枝の姿がまるで竜が伏しているようで、臥竜松といわれる。また、横枝の下面にコブ状の突起物を生じているのが面白い。
小学生向け
説明
 このマツは、防府市の若月家にあるゴヨウマツで、樹れい300年~400年と推定されています。高さ約2mのところで二つに分かれ、一つは上にのび、地上約3mのところから多くの枝を出し、直径約4mのみごとな笠(かさ)形をしています。他は横枝となり、地上約2mの高さを水平にのび、へいをこえ、やしきの前を囲い込む勢いです。長さは約33mで、全国一といわれています。横枝には2~3mおきに枝が出ていて、それぞれの枝は直径2~3mのきれいな笠形に整えられています。
画像<若月家の臥竜松>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ