1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称おおひびなつみかんげんじゅ
大日比ナツミカン原樹
指定国指定
市町長門市区分記念物時代江戸時代
一般向け
説明
  萩地方を中心として山口県下に栽培されているナツミカンの原樹。長門市仙崎大日比にある。この樹は安永年中(1772~1781年)にこの地に漂着した果実を播種したものといわれる。果汁が多いため、食酢の代用として使われはじめて、次第に栽培が盛んになった。のち萩城下でも植えられ、夏まで実を木につけたままにしておくと食べられるとわかり、萩の特産となった。
小学生向け
説明
  萩地方を中心として山口県内で栽培されているナツミカンのもとになる樹木です。
 この樹は、江戸時代の中ごろに種をまかれて大きくなったもので、長門市仙崎大日比にあります。
 現在、各地で栽培さているナツミカンは、この原樹から次々に分かれて広がったものです。ナツミカンの原樹として、大切に保存されています。
画像<大日比ナツミカン原樹>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
大日比ナツミカン原樹(QRコード)
映像

ページトップへ