1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ながとちゅうせんしょあと
長門鋳銭所跡
指定国指定
市町下関市区分記念物時代奈良時代
一般向け
説明
 長門鋳銭所跡は古代の貨幣鋳造機関の遺跡。下関市長府国分寺跡の西北部にあたり、現在は覚苑寺(かくおんじ)境内及び畑地となっている。遺跡の地下60~90㎝の土中から和同開珎を作ったときの遺物等が出土したことにより長門鋳銭所として国史跡に指定された。長門鋳銭所は、おそくとも奈良時代の730年(天平2)頃には鋳造を開始していたと考えられている。
 史跡地内からは、708年(和銅1)から鋳造が開始された貨幣である和同開珎1枚とそれを作ったときの型、るつぼや鞴口などが出土しており、これも長門国鋳銭遺物として国の重要文化財に指定されている。
小学生向け
説明
 鋳銭所は古代の貨幣をつくったところです。長門鋳銭所は、下関市長府国分寺の西北の地にあり、現在は覚苑寺(かくおんじ)境内となっています。ここでいつごろから貨幣をつくり始められたかはっきりしませんが、おそくとも奈良時代の730年(天平2)頃にはつくりはじめていたと考えられています。
 ここからは、708年(和銅1)からつくられはじめた貨幣「和同開珎」1枚とそれを作ったときの型などが出土しており、これも国の重要文化財に指定されています。
画像<長門鋳銭所跡>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
長門鋳銭所跡(QRコード)
映像

ページトップへ