1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称いとうひろぶみきゅうたく
伊藤博文旧宅
指定国指定
市町萩市区分記念物時代江戸時代
一般向け
説明
  伊藤博文が14歳から28歳までの14年間(1854~1868年、安政元~明治元年)住んだ住居。建坪89.1㎡の茅葺寄棟造平屋建。八畳・五畳半・四畳半・ニ畳・三畳三室・玄関土間・台所土間の各室がある。
  伊藤博文は1841年(天保12)熊毛郡束荷村(現光市)の農家の子として生まれた。のち一家とともに萩に移住。松下村塾に学び、幕末の志士として活躍する。明治維新の後、欧米を巡歴。1871(明治4)帰国後は政治の中心人物として、憲法制定、内閣制度の創設、枢密院設置の任にあたる。1855年(明治18)初代の内閣総理大臣・枢密院議長・貴族院議長を歴任し、政界の最高指導者の座にあった。1909年(明治42)に中国東北部のハルビン駅頭で暗殺された。
小学生向け
説明
   伊藤博文は、現在の光市に生まれました。のちに萩市にうつり、14歳だった1854年(安政1)から28歳の1868年(明治1)まで、現在の萩市椿東に住んでいました。このときの家が「伊藤博文旧宅」です。伊藤博文は萩にうつってから松下村塾に学び、幕末には志士として活躍しました。明治に入り、1885年(明治18)にはさいしょの内閣総理大臣となりました。
画像<伊藤博文旧宅>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
伊藤博文旧宅(QRコード)
映像

ページトップへ