1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 四大歴史ストーリー>
  4. 幕末維新の肖像>
  5. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称たかすぎしんさくはか
高杉晋作墓
指定国指定
市町下関市区分記念物時代江戸時代
一般向け
説明
  奇兵隊本陣のあった下関市吉田の清水山にある。墓は花崗岩で作られており、正面には「東行(とうぎょう)墓」とあり、側面には俗名、没年月などが彫り込んである。墓の高さは 1.8m、周りには石の玉垣がある。墓地内にはこの墓を守った梅處尼(ばいしょに)をはじめ、幕末期に活躍した人の墓が約110基がある。すぐ側に伊藤博文による碑と山縣有朋による碑が建てられている。
  高杉晋作は1839年(天保9)に生まれ、幕末の志士として活躍した。号は東行。松下村塾に入門し、久坂玄瑞と共に特に優れた二人といわれた。江戸に出て学び、藩の命令で上海を視察したころから攘夷論の急先鋒となり、帰国後、萩藩の討幕運動を支える奇兵隊を組織した。幕府軍との四境戦争(1866年・慶応2)では連戦連勝の快進撃を続けたが、1867年(慶応3)に病死した。
小学生向け
説明
  高杉晋作は1839年(天保9)に生まれ、幕末のころ奇兵隊(武士だけでなく庶民も参加した軍隊)をつくって幕府と戦い、明治維新に大きく貢献しました。高杉晋作は「東行(とうぎょう)」と号したので、墓の正面に「東行墓」とだけあります。この墓は奇兵隊本陣のあった下関市吉田の清水山にあり、すぐそばに伊藤博文と山縣有朋(やまがたありとも)による碑が立っています。
画像<高杉晋作墓>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
高杉晋作墓(QRコード)
映像

ページトップへ