1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称なかやまただみつはか
中山忠光墓
指定国指定
市町下関市区分記念物時代江戸時代
一般向け
説明
  中山忠光は幕末の尊王攘夷派の公家。孝明天皇の侍従として出仕。姉は明治天皇の母。
1863年(文久3)官位を辞退し、当時攘夷勢力の急先鋒であった萩藩に期待して船で長州に下った。萩藩の攘夷戦には、久坂玄瑞の率いる光明寺党の首領格として、下関の外国船砲撃に参加。ついで、武力によって幕府を倒そうとする天誅組の首領に推され、大和で挙兵したが、戦いに敗れて再び長州に逃れた。1864年(元治1)萩藩の恭順派の手によって現在の豊北町の山中で刺客に暗殺され、今の地に葬られた。
 墓は1865年(慶応1)に建立。下関市綾羅木の中山忠光を祀った中山神社境内の砂丘の上にあり、「藤原忠光卿神霊」と刻してある。花崗岩で造られ、高さ1.7m、周囲に3.6m四方の玉垣がある。
小学生向け
説明
  中山忠光は、もともと孝明天皇につかえていた公家でした。のち、長州に下り下関の外国船砲撃事件に参加するなど、幕末には尊王攘夷派として活動しました。武力によって幕府を倒そうとする天誅組の首領になりましたが、その戦いに敗れて長州へ逃げ、1864年(元治1)に暗殺されました。翌1865年(慶応1)に建てられたこの墓は下関市綾羅木の中山神社の境内にあります。
画像<中山忠光墓>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
中山忠光墓(QRコード)
映像

ページトップへ