1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 四大歴史ストーリー>
  4. 幕末維新/内容>
  5. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称のむらもとにしゅうえんのたくあとおよびはか
野村望東尼終焉の宅跡及び墓
指定県指定
市町防府市区分記念物時代江戸時代
一般向け
説明
 野村望東尼(「もとに」または「ぼうとうに」、1806~1867)は幕末の勤王の女流歌人。家集に「向陵集(こうりょうしゅう)」がある。54歳で夫と死別した後、仏門に入って尼となった。1864年(元治元)には、長州藩を脱した高杉晋作を厚遇している。その後、福岡藩内の勤王派粛正により姫島(現福岡県糸島市)に流されたが、1866年(慶応2)高杉の部下らによって下関に救出された。下関で高杉の死を看取った後は、山口の小田村伊之助(後の楫取素彦)のもとに身を寄せた。1867年(慶応3)、討幕軍の東進を耳にして防府に赴き、防府天満宮に参籠してその成功を祈った。そのために体を害し、三田尻中塚町(現防府市)の寓居で病死した。行年62歳。
 墓は桑山の山腹にある。
小学生向け
説明
 野村望東尼(1806~1867)は、幕末に活動した女性です。54歳で夫と死別し尼となっています。高杉晋作たちと親しく交わり、1867年(慶応3)に薩摩と長州が幕府と戦ったときには、防府天満宮にこもって成功を祈りました。そのため健康を害して、防府で亡くなりました。
 墓は桑山の山腹にあります。
画像<野村望東尼終焉の宅跡及び墓>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
野村望東尼終焉の宅跡及び墓(QRコード)
映像

ページトップへ