1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しらとりこふんつけたりばいちょうおよびしゅうごう
白鳥古墳 付陪塚及び周濠
指定県指定
市町平生町区分記念物時代古墳時代
一般向け
説明
  熊毛郡平生町にある白鳥古墳は、古墳時代中期の前方後円墳。山口・広島地域で最大といわれる。規模は、全長120m、後円部の 径64m、高さ11m、前方部の径60m、高さ8.5m。 塚の上を覆った葺石が全面に見られ、円筒埴輪が立ち、陪塚がある。陪塚は、大きな古墳に近接した近親者や従者を葬ったといわれている小さな古墳。
 この古墳がある丘の東側の部分には幅20.8m、深さ2.1mの周濠(周りのからぼり)がある。この周壕を含む約8,000㎡の地域が県の史跡に指定されている。
  なお、この古墳からは巴型銅器・三角縁神獣鏡・管玉などが出土している。
小学生向け
説明
  白鳥古墳は、1500年前の古墳時代中期につくられた前方後円墳です。
 この古墳の大きさは、全長120m、後円部の径64m、高さ11m、前方部の径60m、高さ8.5mで,山口県や広島県のうちでは最大の古墳といわれています。
 この古墳から巴型銅器(ともえがたどうき)・三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)・管玉(くがたま)などが出土しています。
画像<白鳥古墳 付陪塚及び周濠>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
白鳥古墳 付陪塚及び周濠(QRコード)
映像

ページトップへ