1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索>
  3. 検索結果一覧>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称おのだせめんととっくりがま
小野田セメント徳利窯
指定県指定
市町山陽小野田市区分記念物時代明治
一般向け
説明
 1881年(明治14)、士族笠井順八によって日本最初の民間セメント会社「セメント製造会社」が小野田に創立された。徳利窯は、そこで使われたセメントを製造するための焼成窯(しょうせいがま)で、その形状から徳利窯の名が付けられた。現存するものは1883年(明治16)に造られた最初の4基のひとつで、1899年(明治32)まで使用された。       
 徳利窯の高さは15.2m。レンガ造りで、火袋とよばれる火を燃やす部分(焼成部)と煙突からなる。セメント焼成窯としては全国唯一現存するもの。
小学生向け
説明
 1881年(明治14)、士族笠井順八が小野田の地に日本で最初のセメント会社を設立しました。この会社では、1883年(明治16)に、セメントをつくるため窯四基をつくり、1899年(明治32)まで使用されました。そのうち1基だけが現在まで残っています。徳利のような形をしていることから、徳利窯とよばれています。
画像<小野田セメント徳利窯>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
小野田セメント徳利窯(QRコード)
映像

ページトップへ