1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称こんどうびるしゃなぶつざぞう(じでんだいにちにょらい)
金銅毘盧舎那仏坐像(寺伝大日如来像)
指定県指定
市町防府市区分有形文化財時代鎌倉時代
一般向け
説明
 防府市国分寺の所蔵である。金銅仏で像高は51.6cm。両手はひじをまげ胸前にあげ、左手の第2指をたて、それを右手でにぎる。いわゆる智拳印を結ぶ。衲衣を通肩に着し、胸部を大きく広げている。惣型による一鋳造で、銅厚を薄く鋳出して、鍍金をほどこし、鋳技は巧みである。
 高麗時代中期、13世紀後期の作風を伝えているが、高麗仏のわが国における遺存例は西日本を中心に30例余りにすぎない。智拳印を結ぶ毘盧舎那仏は、朝鮮半島においても例が極く限られている。
小学生向け
説明
 この仏像は、防府市の国分寺にあります。
 金銅仏で、仏像の高さは52cmです。
 むかし朝鮮半島にあった高麗(こうらい)という国でつくられたもので、時代は13世紀とおもわれます。
画像<金銅毘盧舎那仏坐像(寺伝大日如来像)>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ