1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称えんこうじこふんしゅつどひん
円光寺古墳出土品
指定県指定
市町萩市区分有形文化財時代古墳時代
一般向け
説明
所在地  萩市郷土博物館      
時 代  古墳時代後期(6世紀初め)

 円光寺古墳は萩市大井にあり、1929年(昭和4)JR山陰本線敷設工事に伴って発見された。直径40m前後の円墳と推定され、時期は6世紀初めである。
 竪穴式石室から出土した遺物で現存するものは次ぎの通り。
・単鳳環頭大刀柄頭3:長径約6㎝の環の中に鳳凰を配したもので類例は県内で3例のみ。
・装身具     7:勾玉4(めのう製3、碧玉製1)、碧玉製管玉1、耳環2
 とりわけ単鳳環頭大刀柄頭3点の保有者は、有力なかしら(首長)の存在を想定することができ、阿武国造につながる系統の首長と考えられる。
小学生向け
説明
 萩市大井にある円光寺古墳は、1929年(昭和4)JR山陰本線敷設工事に伴って発見されました。直径40m前後の円墳と推定され、6世紀初め頃築かれたと考えられています。
 竪穴式石室から出土した遺物で現存するものは次ぎの通りです。

・単鳳環頭大刀柄頭3:長径約6㎝の環の中に鳳凰を配したもので類例は県内で3例のみ。
・装身具     7:勾玉4(めのう製3、碧玉製1)、碧玉製管玉1、耳環2

 とりわけ鳳凰 のかざりのついた大刀のつかは立派なもので、阿武地方をおさめた有力なかしらの持ち物と考えられます。 
画像<円光寺古墳出土品>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
円光寺古墳出土品(QRコード)
映像

ページトップへ