1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しほんぼくがびゃくいかんのんず
紙本墨画白衣観音図
指定県指定
市町下関市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 下関市豊浦町川棚の三恵寺に所蔵されている。本紙の寸法は縦85.0cm、横33.3cm。掛幅装である。
 岩塊の上に、向かって左向きに端座する白衣観音を画面中央に描く。頭上に樹木を描き、つるが垂れさがっている。画面上部に怡雲寂誾(いうんじゃくぎん)の賛がある。画家の名はわからない。
 賛を書いた怡雲は、14世紀半ば過ぎ、周防の武家伊藤家から京都の東福寺に入って書記を勤めた禅僧で、中国にも留学を果たし、後年帰郷。応永21年(1414)の年号をもつ、京都神護寺蔵の将軍足利義持の画像にも賛をしている。なお三恵寺の寺伝では、出身は内日で、三恵寺を中興したという。
 賛の丁酉は室町時代の1417年(応永24)に当る。
小学生向け
説明
 下関市豊浦町の三恵寺(さんねいじ)にあります。
 寸法はたて85cm、横33cmです。
 白衣観音を中央に、その頭上に樹木を描き、つるが垂れさがっています。
 この画には怡雲(いうん)の賛があります。画いた人はわかりませんが、賛を書いた怡雲は、1300年代のなかばすぎ、周防国(すおうのくに)の武家である伊藤家から京都の東福寺に入って書記をつとめた禅僧で、中国にも留学しのちに帰郷しました。
画像<紙本墨画白衣観音図>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
紙本墨画白衣観音図(QRコード)
映像

ページトップへ