1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称あかづまこふんしゅつどのふながたせっかん
赤妻古墳出土の舟形石棺
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代古墳時代
一般向け
説明
 山口市赤妻にある赤妻古墳は、山口盆地の南半分が一望出来る位置にある古墳で、古墳時代中期(5世紀前半)に築かれたものと考えられている。
本石棺は1908年(明治41)に発見されたもので、くり抜き式の舟形石棺でふたと身(ミ)からなる県内唯一のものである。ふたの全長は231㎝で、最大幅98㎝、高さ30㎝。
ふたの側面に4ケ所、身の足側に1ケ所の縄かけ突起を持っている。石材は砂岩である。
この石棺の副葬品には、鏡3・鉄剣2・鉄刀子1・鉄針20・くし26・勾玉12(めのう製)などがある。
 この古墳は、山口盆地における畿内形の最古の古墳であることから、この地域への大和政権の政治支配の様子と山口盆地の首長(かしら)墓の系統をたどる上で、本遺物は重要な資料である。
小学生向け
説明
 山口市赤妻の山口の町がよく見渡せる丘にある赤妻古墳は、古墳時代中期(5世紀前半)に築かれたものと考えられています。
 石棺は1908年(明治41)に発見されたもので、くり抜き式の舟形石棺でふたと身(ミ)からなる県内唯一のものです。ふたの全長は231㎝、最大幅98㎝、高さ30㎝で、ふたの側面に4ケ所、身の足側に1ケ所の縄かけ突起があります。石棺の副葬品には、鏡3・鉄剣2・鉄刀子1・鉄針20・くし26・勾玉12(めのう製)などがあります。
画像<赤妻古墳出土の舟形石棺>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
赤妻古墳出土の舟形石棺(QRコード)
映像

ページトップへ