1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称すくもづかよこあなはかぐんしゅつどひん
糘塚横穴墓群出土品
指定県指定
市町長門市区分有形文化財時代古墳時代
一般向け
説明
 糘塚古墳は長門市にあり、もと島であった丘の中腹に営まれた古墳時代終末期(6世紀末~7世紀初期)の横穴墓群である。1925年(大正14)学校建設に伴う工事により消滅した。出土した副葬品は次ぎの通り。
・土器類:須恵器坏・高坏・カメ・長頚壷・
・馬具類:銅製つぼあぶみ2対(県内唯一の出土例)・銅鈴1
・武器類:儀杖用大刀4(頭椎大刀2、圭頭大刀2)・鍔1・刀身1・刀柄1
・工具類:鉄斧2・銅針1・砥石1・銅鏡1・鉢形銅器1・貝輪1
 副葬品は種類が豊富で、畿内の同時期古墳に匹敵する質の高さが注目される。
 また、儀杖用大刀4、銅製つぼあぶみ2対などは儀礼的要素が強く、地方豪族として長門一帯の首長(かしら)にとどまらず、大和政権とのつながりの強さを示す。
小学生向け
説明
 糘塚古墳は長門市にあり、もと島であった丘の中腹に営まれた古墳時代終末期(6世紀末~7世紀初期)の横穴墓群です。1925年(大正14)学校建設に伴う工事により消滅しました。出土した副葬品は次ぎの通り。

・土器類:須恵器坏・高坏・カメ・長頚壷・
・馬具類:銅製つぼあぶみ2対(県内唯一の出土例)・銅鈴1
・武器類:儀杖用大刀4(頭椎大刀2、圭頭大刀2)・鍔1・刀身1・刀柄1
・工具類:鉄斧2・銅針1・砥石1・銅鏡1・鉢形銅器1・貝輪1

 副葬品は種類が豊富で、畿内の同時期古墳に匹敵する質の高さが注目されるものです。
画像<糘塚横穴墓群出土品>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
糘塚横穴墓群出土品(QRコード)
映像

ページトップへ