1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ちゃうすやまこふんしゅつどひん
茶臼山古墳出土品
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代古墳時代
一般向け
説明
 茶臼山古墳は柳井湾にのぞむ丘(標高80m) にある。古墳時代前期(4世紀末)の前方後円墳で県内三番目の規模である。明治25年銅鏡5枚が発見されたが、このうち2面が県内で伝えられている。うち1面は画文帯神獣鏡である。破鏡で推定径18㎝。中国製(六朝時代)で吉祥句「百身長楽」がある。もう1面は内行八花文鏡である。破鏡で推定径19.5㎝。古墳時代前期(4世紀末)の製作と考えられている。
 また、他の1面はわが国最大級の単頭双胴怪獣鏡(面径44.8㎝、東京国立博物館蔵)である。
 熊毛半島を含むこの地域には、前方後円墳が5基ある。これらの古墳は、瀬戸内海航路の東の重要な拠点におかれた周芳国(7世紀末に周芳から周防に改称)の支配者の墓と考えられる。大和政権は、この地域の支配者に前方後円墳を造ることを許し、大鏡を贈ることにより支配を強めていったと考えられる。
 平成3~8年度の発掘調査により、この古墳が葺石(ふきいし、盛土の上に敷きつめられた石)・埴輪を伴う三段に築かれた整美な墳丘をもつこと、後円部に竪穴式石室などの埋葬施設をもつことなどが明らかになった。その際多量の埴輪片と鉄器類・玉類が新たに出土した。埴輪は推定総数140基で、円筒埴輪を主体に、家形埴輪など多彩な構成をなしている。長さ80㎝を超える大型の鉄刀・鉄剣や、多数の鉄刀子(小刀)、勾玉などは竪穴式石室に伴う副葬品である。これらによってこの古墳が古墳時代を代表する典型的な畿内型古墳であることがわかり、被葬者と畿内政権との強い結びつきが想定されることとなった。
小学生向け
説明
 茶臼山古墳は柳井湾にのぞむ丘(標高80m) にあります。今から1600年前の古墳時代の初めごろに築かれた前方後円墳です。長さは90m、県内三番目の規模です。    
 この古墳から約110年前に銅鏡5面が発見されました。このうち2面が県内にのこっており、1面は中国製で「百身長楽」の字が読めます。 
 また、わが国最大級の銅鏡(直径44.8㎝)の単頭双胴怪獣鏡(たんとうそうどうかいじゅうきょう)も出土しており、現在東京国立博物館で保管されています。
 その後の発掘調査によって、この古墳は丘のように三段に盛り土がされており、遺体を埋めるための石室などがあることがわかり、はにわのかけらと、鉄刀・玉などが出土しました。
 はにわは140基あったと思われ、円筒形のほか、いろいろな家の形のものなどもありました。
 長さ80cmを超える大型の鉄刀・鉄剣やたくさんの小刀が、遺体にそえて埋められていました。
画像<茶臼山古墳出土品>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ