1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 四大歴史ストーリー>
  4. 大内氏/内容>
  5. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうへんがく「ひかみさん」
木造扁額「氷上山」
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 縦108㎝、横62.5㎝、厚さ2.1㎝のヒノキあるいはヒバ材の1枚板で作られている額。表には、大内氏の氏寺である興隆寺の山号「氷上山」の文字が行書体で彫り込まれている。文字の大きさは21~23㎝角で、金箔の痕跡が認められ、それを幅約 2.5㎝の二重の枠で囲んでいる。額縁は失われているが、天地各2カ所に懸けるための金具が付いていたと思われる穴があいている。裏に彫り込まれている文字などから、大内政弘の願いによって建立された法界門に懸けるために1486年(文明18)に作られた額で、文字は後土御門天皇の筆によるものであることがわかる。山口県内で現存する扁額の中では最も古く、最も大きいものである。
小学生向け
説明
 縦 108㎝、横62.5㎝、厚さ 2.1㎝のヒノキあるいはヒバ材の1枚板で作られた扁額です。扁額とは門や室内にかける細長い額のことです。室町時代に山口を根拠地として強い勢力を誇っていた大内氏が一族の繁栄や死後の幸福を祈るために建てた興隆寺の山号「氷上山」の文字が彫り込まれています。大内政弘の願いによって建てられた法界門にかけるために1486年に作られた額で、文字は後土御門天皇が書いたものです。山口県内に残っている扁額の中で最も古く、最も大きいものです。
画像<木造扁額「氷上山」>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木造扁額「氷上山」(QRコード)
映像

ページトップへ