1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうししこまいぬ
木造獅子狛犬
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 山口市の平清水八幡宮の本殿前に安置されている。たてがみをあらわし、前肢を立てて蹲踞(そんきょ)する阿形の獅子と、頭頂に角一つを持つ吽形の狛犬との1対の木造彫刻である。ともにヒノキ材の一木造りで、彫眼、内ぐりは無い。像高は獅子が74.3cm、狛犬が72.2cm。緑青や朱の彩色が認められるが、後補かと思われる。各像底に応安6年(1373)の制作時期や「大工僧道隨」という制作者などを示す墨書銘が認められる。本県に残る獅子狛犬で紀年銘のあるものでは最古級である。また作域もしっかりしている。
小学生向け
説明
 山口市の平清水八幡宮にあります。
 口をあけているのが阿形(あぎょう)の獅子で、角(つの)をもち口を閉じているのが吽形(うんぎょう)の狛犬です。
 像高は獅子が74.3cm、狛犬が72.2cm。
 1373年につくられました。
画像<木造獅子狛犬>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木造獅子狛犬(QRコード)
映像

ページトップへ