1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称たまがわのちゅうじょうせつりとすいちゅうじはさいようがん
田万川の柱状節理と水中自破砕溶岩
指定県指定
市町萩市区分記念物時代
一般向け
説明
 旧田万川町の南部、上小川東分の農道脇にあり、約33万年前に噴出した黒っぽい火山岩の玄武岩が、礫(れき)層と砂層をおおっている。この玄武岩は田万川本流と原中川にはさまれた標高100~110mの平坦な溶岩台地をつくり、ほぼ南北に細長く連なる。
 平成3年(1991年)、田万川町上ノ原から田添に至る道路工事で、発見された美しい玄武岩柱状節理(割れ目が柱を束ねた状態に似る)と水中自破壊溶岩の露頭が発見された。
 この露頭では、地層の下層から、①基盤となる安山岩、②礫の層、③「水中自破砕溶岩」の層、④玄武岩の「柱状節理」の層が見られ、これは、柱状節理の形成過程の順をあらわしている。かつて、基盤となる安山岩を浸食して川が流れており、礫の層ができた。その川底に、火山活動による高温の玄武岩溶岩が流出し、水蒸気爆発を起こし、破砕して、水中自破砕溶岩の層を形成した。破砕片は川の流路を変え、この地域は乾陸化した。そこに、さらに溶岩が噴出し、乾陸上で冷却したため体積収縮によって、断面の径0.4~1.0mの六角形あるいは五角形の柱状の「柱状節理」が生成された。
  この地区で発見された玄武岩柱状節理と水中自破砕溶岩を含む露頭は、規模が大きく、特異な堆積、固結機構を示すとともに、過去の河川の堆積状況をきわめてよく保存している。
小学生向け
説明
 平成3年(1991年)、田万川町の道路工事のために、山を崩しているときに美しい玄武岩(げんぶがん)の柱状節理が発見されました。柱状節理というのは、六角形あるいは五角形の柱を束ねたような割れ目ができていることです。さらに調べてみると玄武岩柱状節理の下には、大きさ5~30cmのよう岩破片の層が、さらにその下にはれきの層が、一番下には安山岩の層がありました。
 これらのことから、昔この地域で次のようなことがおこったと考えられます。
①昔、ここは安山岩でできていて、川が流れていました。
②川の水によって運ばれたれきの層が川底にできました。
③その川底に、火山活動によって地下から高温の溶岩が出てきて、水で急に冷やされて破砕し、溶岩破片の層ができました。
④溶岩によって川の流れが変わり陸地となったあとに、さらに溶岩が出てきて、空気中で冷やされ六角形あるいは五角形の柱状の割れ目ができました。
 このように、広い範囲で昔の変化がわかる場所はたいへんめずらしく、天然記念物に指定されました。
画像<田万川の柱状節理と水中自破砕溶岩>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
田万川の柱状節理と水中自破砕溶岩(QRコード)
映像

ページトップへ