1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう
木造地蔵菩薩立像
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
  像高が159㎝、材の最大幅は44㎝、檜の一材で彫られた地蔵菩薩立像で、皇徳寺の釈迦堂に置かれています。 
 両手先及び左足と右足先がなく、目鼻や胸の衣をわずかにあらわすなど、制作を途中で中止したようで、随所に丸刀の痕がよく認められます。      
 そのような中で、頭の姿や衣文のようす、『防長寺社由来』(1741年書上げ)の記述等から、本件は地蔵菩薩像と判断されます。             
 また、一木造りの構造や細身の姿などから、制作は平安時代後期、12世紀後半頃と考えられます。                         
 制作途中の未完成と考えられる仏像が、今日まで久しく伝えられてきた例は、県内は元より、全国的にも大変珍しいことです。
小学生向け
説明
  高さが159㎝、材の最大幅は44㎝、ヒノキの一材で彫られた地蔵菩薩立像で、山口市の皇徳寺にあります。 
 両手先と、左足、右足先がなく、目鼻や胸の衣をわずかにあらわすなど、制作を途中で中止したようで、あちこちに丸刀のあとが残っています。                  
 一木造りのしくみや細身の姿などから、つくられたのは平安時代後期と考えられます。 
 制作途中の未完成と考えられる仏像が、今日まで久しく伝えられてきた例は、県内はもとより、全国的にも大変珍しいことです。 
画像<木造地蔵菩薩立像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ