1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きっこうじんじゃ
吉香神社
指定国指定
市町岩国市区分重要文化財時代江戸時代
一般向け
説明
 吉香神社は、旧岩国藩主吉川氏歴代の神霊を祀る神社で、現社殿は享保13年(1728)に、横山の白山神社境内に造営され、明治18年(1885)に旧城跡の現在地に移築されたものです。鳥居、神門、拝殿及び幣殿、本殿が南から北に一直線に並んだ構成となっています。 
 吉香神社の建築群は軸部から小屋組まで当初形式をよく保持しており、いずれも充実した細部を備えた丁寧なつくりとなっています。特に本殿と拝殿及び幣殿は独特な形式で複雑な架構と屋根構成を巧みにまとめていて、独自性が認められます。  
 全国的にも数少ない祖霊を祀る神社建築で、全体に岩国藩大工の質の高い技量がうかがえ、地方における江戸中期の優品として、高い価値が認められます。 
小学生向け
説明
 吉香神社は、旧岩国藩主吉川氏の代々の先祖の霊をまつる神社です。いまの社殿は1728年に、白山神社境内につくられ、1885年にいまの場所に移されました。鳥居、神門、拝殿と幣殿、本殿が南から北に一直線にならんでいます。 
 吉香神社の建物はできたころの形をよく保っており、細かい部分までていねいにつくられています。
 全体に岩国藩大工のすぐれた腕前がみられます。 
画像

ページトップへ