1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称てかがみ「ひっちん」
手鑑「筆陳」
指定県指定
市町下関市区分有形文化財時代江戸時代
一般向け
説明
 江戸時代中期に長府毛利家が作成・所蔵していた手鑑の一つ。手鑑とは、代表的な古人の筆跡を集め、鑑賞用に仕立てたものを言う。
 この手鑑は二帖からなり、どちらも表紙は蜀江(しょっこう)文様の中に草花の文様を織り込んだ錦が使用され、表紙四隅には蔓草文金具が使用されている。
 第一帖には足利尊氏自筆書状を含む室町幕府歴代将軍や、大内家当主及び家臣の文書を中心とする98点が収められている。これらは大きく①長門一ノ宮住吉神社など長府藩域の社寺、②三沢氏など後に長府藩士となった家、③伊予国の河野氏や石見国の益田氏などその他の家、にそれぞれ伝来したものから構成される。
 また、第二帖には連歌師の飯尾宗祇や医師の曲直瀬道三をはじめとする人々の筆と伝えられる古筆切や文書など127点が収められている。
 これら全てに、江戸時代の古筆鑑定家の印顆「琴山」が捺印された極札が貼付されている。
 防長両国に関係する文書や古筆切を多数収載していることから、山口県における中世史及び文化史上貴重であり、かつ、近世における長府毛利家の文化事業の一端を示すものとして重要である。
小学生向け
説明
 江戸時代中期に長府藩主の毛利家が作成・所蔵していた手鑑の一つです。手鑑とは、代表的な昔の人の筆跡(ひっせき。書かれた文字)を集め、鑑賞用に台帳にはったものです。
 この手鑑は二冊あり、どちらも表紙は蜀江文様(しょっこうもんよう。八角形と四角形をつないだもよう)の中に草花のもようを織りこんだ織物が使われ、表紙四隅にはつる草もようの金具が使われています。
 一つ目には足利尊氏(あしかがたかうじ)の手紙や、大内家の当主や家臣の文書(もんじょ)など、98点が収められています。
 また、二つ目には連歌師(れんがし)の飯尾宗祇(いいおそうぎ)や医者の曲直瀬道三(まなせどうさん)が書いたと伝えられる、巻物や書物などから切断した筆跡や、文書など127点が収められています。
 これらすべてには、江戸時代の古筆鑑定家(昔の人の筆跡が本物か判定する人)の印判「琴山」がおされた鑑定書がつけられています。
 山口県の歴史を知る上で貴重です。また、江戸時代における長府毛利家の文化事業がうかがえます。
画像<手鑑「筆陳」>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ