1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きゅうもうりけほんてい
旧毛利家本邸
指定国指定
市町防府市区分重要文化財時代大正
一般向け
説明
 旧毛利家本邸は、旧長州藩主の毛利家が大正5年(1916)に建設したもので、防府平野に張り出した多々良山の南麓に所在し、南側に庭園、北側に本館ほか複数の棟からなる住宅を配置する。
 本館は、客間や居間、詰所など機能ごとに分けた各棟を、中庭を囲んでロの字に並べた構成になる。このうち客間は、檜柾目の木材や飾金具、金粉を用いた壁紙など贅を尽くした意匠で仕上げる。本館の北側には家政空間をになう各建物が機能的に配置される。
 旧毛利家本邸は、旧長州藩主によって近代に建設された、全体に伝統的な和風意匠を用いた住宅建築である。大規模で複雑な構成の建築を、上質な材料や高度な木造技術による贅沢な意匠をまとめるとともに、コンクリート造や鉄骨造、機能的な配置計画など近代的な建築手法を取り入れており、近代における和風住宅の精華を示すものとして重要である。
小学生向け
説明
 旧毛利家本邸は、旧長州藩主の毛利家が1916年に建てたもので、防府平野に張り出した多々良山の南のふもとにあり、南側に庭園、北側に本館ほか複数の建物がある住宅をおいています。
 本館は、客間や居間、つめ所など役割ごとに分けて、中庭を囲んでロの字に並べたつくりになっています。このうち客間は、檜(ひのき)の柾目(まさめ。木のしんに平行にまっすぐな木目)の木材やかざり金具、金粉を使った壁紙など、大変ぜいたくなデザインで仕上げています。本館の北側には台所などがおかれています。
 旧毛利家本邸は、全体に伝統的な和風デザインを使った住宅建物です。大がかりで複雑なつくりの建物を、上質な材料や高度な木造技術によるぜいたくなデザインでまとめ、またコンクリート造や鉄骨造、役割に応じた配置など、近代的な方法を取り入れています。近代の和風住宅のすぐれた点を知ることができる、重要なものです。
画像<旧毛利家本邸>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ