1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 四大歴史ストーリー>
  4. 大内氏/内容>
  5. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称めいりんしょうがっこうほんかん
明倫小学校本館
指定国指定
市町萩市区分登録有形文化財時代昭和
一般向け
説明
 明倫小学校本館は、藩校明倫館跡地に昭和10年(1935)に建てられた木造2階建、入母屋造の校舎である。屋根をフランス瓦で葺き、正面と両側面の軒を千鳥破風で飾る。外壁は、1階部分が押しぶち下見板張り,2階部分が白漆喰塗りである。
 フランス瓦や連続する窓の意匠が特徴的である。伝統的な様式を基調としつつも、近代建築のデザインが取り入れられ、採光、通風にも配慮された設計になっている。
 既にほとんどが失われてしまった木造学校建築の良好な事例である。
小学生向け
説明
 明倫小学校本館は、1935年に建てられた小学校です。
 日本の伝統的な建てかたを守りながらも、新しい考え方も取り入れ、明るく、風通しの良い教室になるように工夫された建物です。
 木造の学校は、取り壊されたものが多いなかで、現在に残されたものの一つです。
画像<明倫小学校本館>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ