1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称はぎえきしゃ
萩駅舎
指定国指定
市町萩市区分登録有形文化財時代大正
一般向け
説明
 萩駅舎は、大正14年(1925)に国鉄美祢線(現在の山陰本線)の開通にともない建設された駅舎である。欄間を持つ上下窓、入口ポーチ、棟先を落とした切妻屋根、ドーマーウインドウなど、随所に洋風の意匠が取り入れられている。
 鉄道開通時のまま残る現存する数少ない駅舎の一つ。地方の発展を紹介するうえで存在が引用されるなど、地域史的にも重要な建造物である。
 平成10年(1998)に補強改修工事が行われ、現在の姿となった。
小学生向け
説明
 萩駅舎は、1925年に建設された駅の施設です。鉄道の開通に合わせて建てられました。
 窓や入口、屋根から飛び出した丸い窓など、洋風のデザインが取り入れられています。
 全国的にみても数少ない、鉄道が造られたときのまま残されている施設です。
画像<萩駅舎>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ