1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称むつみそんやくばどぞう
むつみ村役場土蔵
指定国指定
市町萩市区分登録有形文化財時代明治
一般向け
説明
 むつみ村役場土蔵は、むつみ村役場旧庁舎の背後に建つ2階建、妻入の土蔵。旧庁舎完成後に倉庫として建築されたと伝えられる。
 木造二階建、切妻造、桟瓦葺。正面扉口に切妻の庇屋根が付く。屋根は石州瓦葺き。外壁は漆喰仕上げとするが、腰下は板張りとする。
 中規模の土蔵だが、建築当初の姿をよく保っている。旧庁舎とともに、地方の初期小規模庁舎建築の事例として貴重である。
小学生向け
説明
 むつみ村役場土蔵は、役場の倉庫として1896年に建てられたといわれています。
 建てられた時から、今まで、大きな改造はされていません。
 山口県内にある役場の建物や、元の役場の付属の建物のなかでは、一番古いものです。
画像<むつみ村役場土蔵>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ