1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ももやまはいすいけいりょうしつ
桃山配水計量室
指定国指定
市町宇部市区分登録有形文化財時代大正
一般向け
説明
 桃山配水計量室は、大正13年(1924)に沖ノ山炭鉱の関連施設として建設された。煉瓦造平屋建、八角形の平面を持つ建物である。外壁に使用された煉瓦は、この地域にしばしばみられる炭滓煉瓦(桃色レンガ)である。
 直線的な柱形とアーチ形をした入口や窓が対照的な建物で、地元では、「六角堂」として親しまれている。
 宇部市にゆかりの深い、沖ノ山炭鉱に関連する施設で、かつ、大正期の水道施設の特徴をよく伝える建物である。
小学生向け
説明
 桃山配水計量室は、1924年に建てられた水道施設です。
 八角形の建物ですが、地元では、「六角堂」として親しまれています。
 宇部市にゆかりの深い、沖ノ山炭鉱に関係する水道施設です。
画像<桃山配水計量室>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ