1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称おちあいのいしばし
落合の石橋
指定国指定
市町萩市区分登録有形文化財時代江戸時代
一般向け
説明
 落合の石橋は、萩から防府の三田尻まで通じる萩往還上に位置する、佐々並川支流の落合川に架かる長さ約2.4mの石造の刎橋である。架橋年代は明確ではないが、江戸時代後期と推定されている。
 石組の両岸から片持梁(かたもちはり)の役割を果たす柱状の石材が突き出し、その上に3枚の板石がのる。こうした架橋方法の橋は、刎橋(はねばし)と称され、山口県内に多くみられるが、他の地域では、あまりみられないとされている。
小学生向け
説明
 落合の石橋は、今から約200年前につくられた石の橋です。
 小さな橋ですが、「はね橋」という、山口県以外ではあまり見られない、珍しい方法でかけられた橋です。
画像<落合の石橋>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ