1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 四大歴史ストーリー>
  4. 大内氏/内容>
  5. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称すみよしじんじゃほんでん
住吉神社本殿
指定国指定
市町下関市区分国宝時代室町時代
一般向け
説明
 住吉神社は下関一宮町に鎮座の桁行22.8m、梁間4.6m、檜皮葺の古社本殿である。今の本殿は1370年(応安3)に大内弘世が造営したものである。本殿は一間社流造りという形式の五つの社殿と、相の間をもって連結したもので、柱間が九つある九間社流造りという、他に例のない珍しい形式である。五つの社殿の各正面には、千鳥破風という小さい屋根がつけてあって、流造りの特異な形式をつくっている。軒軸廻りの細部に見られる手法は優秀で、向拝正面の束の一種である蛙股(かえるまた)の彫刻はよく時代をあらわしている。また内部の板壁には、彩色された絵が施されていて美しい。各社殿内には玉殿があり、五基とも同一意匠で、本殿の建築と同時代のものとおもわれ貴重である。この本殿は流造り(ながれづくり)の社殿として異例であるばかりでなく、構造意匠のよくまとまったものとして貴重である。なお本社には、江戸時代に上葺などの修理をした際の棟札が四枚存していて、附指定とされている。
小学生向け
説明
 住吉神社は下関市に古くからある神社です。この本殿は、室町時代の始めに大内弘世がつくったものです。そのころ、大内弘世は、今の山口県にあたる周防国と長門国の守護になっていました。
 本殿は、五つの社殿を、相の間でもってつなげたもので、流造り(ながれづくり)の社殿として、他に例のない珍しい形式です。
画像<住吉神社本殿>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
住吉神社本殿(QRコード)
映像

ページトップへ