1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称いまはちまんぐうはいでん
今八幡宮拝殿
指定国指定
市町山口市区分重要文化財時代室町時代
一般向け
説明
 山口市八幡馬場の今八幡宮の境内に建つ桁行5.92m、梁間4.46m、一重切妻造りの妻入り、屋根はこけら葺の本殿である。屋根の棟は楼門の上の屋根下によく納まり、本殿側には同じ幅の釣屋が付いていて、本殿の向拝につづいている。床は本殿の木階下段と、拝殿床の高さが同じで連結している。内部の天井は化粧屋根裏で、左右の向かい合いの柱上には大きな虹梁(こうりょう)がかけてある。両方の妻の中央に蛙股が一個づつあり、ぼたん唐草の彫刻がある。拝殿が本殿にくっつけて造られていることは、17世紀以後の神社建築に多くなる権現造り(ごんげんづくり)の先駆的なものである。山口地方の神社には同形式のものが多くあるが、この今八幡宮がもっとも古い例である。この拝殿の建立は、本殿と同時代、室町時代中期、15世紀末頃である。
小学生向け
説明
 山口市にある今八幡宮の境内にあります。本殿の木階下段と、拝殿床が同じ高さでつながっています。拝殿が本殿にくっつけて造られていることは、17世紀以後の神社建築に多くなる権現造り(ごんげんづくり)の先がけです。山口地方の神社には同じ形式のものがたくさんありますが、この今八幡宮がいちばん古いものといわれています。この拝殿が建てられたのは、本殿と同じく、室町時代中期、15世紀末頃です。
画像<今八幡宮拝殿>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
今八幡宮拝殿(QRコード)
映像

ページトップへ