1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 四大歴史ストーリー>
  4. 大内氏/内容>
  5. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称とうしゅんじさんもん
洞春寺山門
指定国指定
市町山口市区分重要文化財時代室町時代
一般向け
説明
 山口市水の上町洞春寺境内にある。前後に控え柱のある桁行7.27m、梁間3.35mの四脚門で、屋根は切妻の桧皮(ひわだ)葺きである。この門の建立された年代ははっきりしないが、この門は室町時代初期にこの地に創建された国清寺のものである。国清寺は大内盛見が1400年(応永7)頃に開基となって建てた寺であるが、山門もその頃のものであろう。国清寺は江戸時代に常栄寺となり、二回大火で焼失しているが、山門は離れていたので残ったのであろう。柱上の組物や梁、束など材料の一部は江戸時代の修理のものがあるが、形式・手法には室町時代の特徴が表れている。とくに鼻貫頭、彫刻のない板蛙股、反りの強い垂木など、室町時代の雰囲気が見られる。山門は近年解体修理されて桟瓦葺きの屋根は桧皮(ひわだ)葺きに復元されて美しくなった。
小学生向け
説明
 山口市にある洞春寺の境内に、道沿いに建っています。この門が建てられた年代ははっきりしません。しかし、この門は、室町時代にこの地に創建された国清寺(こくしょうじ)のものです。国清寺は大内盛見(もりみ、又は、もりはる)が1400年頃に建てた寺で、山門もその頃のものとおもわれます。
 国清寺は江戸時代に常栄寺(じょうえいじ)という名前にかわりました。二回大火で焼失していますが、山門は離れていたので残ったとおもわれます。
 山門はさいきんになって解体修理され、桟瓦葺きだった屋根は桧皮(ひわだ)葺きに復元されて美しくなりました。
画像<洞春寺山門>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
洞春寺山門(QRコード)
映像

ページトップへ