1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きゅうめかたけじゅうたく(やまぐちけんいわくにしよこやま)
旧目加田家住宅(山口県岩国市横山)
指定国指定
市町岩国市区分重要文化財時代江戸時代
一般向け
説明
 岩国市横山二丁目にある桁行16.4m、梁間11.6m、一部二階の入母屋造り桟瓦葺の武家住宅である。南側に玄関があり、北面に風呂場が付いている。目加田家は岩国吉川藩士で、幕末頃には170石取りであったという。この住宅は18世紀中頃の建築とみられ、西側に二階屋を増設しているほかは改造が少ない。正面東寄りには式台が設けられ、東端の仲間部屋の格子窓などとあわせて、武家住宅らしい形式をつくっている。式台を上がると玄関の間である。その後に台所など3室があり、上手は中廊下をはさんで、前後に2室づつ配される。背面の2室の上には二階が設けられている。総体に木割が細くて建ちは低い。柱を比較的こまかく立てて、建具はあまり用いない。この住宅は簡素であるが、端正な意匠であって、保存状態の良い本格的な武家住宅として貴重である。
小学生向け
説明
 岩国市横山二丁目にあります。一部二階、入母屋造り桟瓦葺の武家住宅です。
 目加田家は岩国吉川藩の藩士です。この住宅は、1700年代中ごろの建築とおもわれます。西側に二階屋を増設しているほかは、ほぼ当時のままです。本格的な武家住宅として全国的にも数少ない遺例のひとつです。
画像<旧目加田家住宅(山口県岩国市横山)>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
旧目加田家住宅(山口県岩国市横山)(QRコード)
映像

ページトップへ