1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 四大歴史ストーリー>
  4. 長州藩/内容>
  5. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称かがわけながやもん
香川家長屋門
指定県指定
市町岩国市区分有形文化財時代江戸時代
一般向け
説明
 岩国市横山二丁目に所在する。岩国藩家老香川氏の表門である。17世紀末、元禄年間香川正恒のとき、市内散畠の大工大屋某によって建てられたものと伝える。桁行23.29m、梁間4.85mで、屋根は入母屋造りで本瓦葺きである。正面に向かって左寄りに出入り口があり、大小の扉をしつらえている。門の左側に茶屋が設けられており、右側は三部屋に分かれ、仲間部屋、武道場(板敷)、うまやに当てられていたという。
 岩国市における建物としては最も古いものの一つで、城下町として岩国をしのぶ建物である。
小学生向け
説明
  この建物は岩国市にあります。江戸時代、岩国藩の家老であった香川家の住宅の表門です。1600年代末に、市内の大工によって建てられたものと伝えられています。
 正面に向かって左寄りに出入り口があり、大小の扉がみえます。門の左側に茶屋があり、右側は仲間部屋、武道場(板敷)、うまやであったといいます。
岩国が城下町であったころをしのばせる建物です。
画像<香川家長屋門>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
香川家長屋門(QRコード)
映像

ページトップへ