1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 四大歴史ストーリー>
  4. 長州藩/内容>
  5. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称やまだけほんや
山田家本屋
指定県指定
市町周南市区分有形文化財時代江戸時代
一般向け
説明
 山田家本屋は、慶長の頃小早川隆景に仕え、後に湯野の領主竪田元慶の家臣となった山田氏の住宅である。桁行15.76m、梁間7.85m、建坪263.76㎡という大きな平屋建で、屋根は茅葺であったが、現在は鉄板葺きとしている。書院造りの中門にあたる部屋が母屋から庭に突出して建てられ、霊舎の間、局の間、奥の間、仲間部屋、化粧部屋などがあり、台所回りのムシロ天井や、中二階の隠し部屋、座敷の刀隠し、外部から開かれない回転式雨戸など、中世末の武家屋敷の趣きと、民家風の疏素朴な構えをもった屋敷である。建築年代ははっきりしないが、江戸時代中期頃と見られる。1964年に所有者から徳山市に寄付された。
 現在、湯野に移築復元されています。
小学生向け
説明
 山田家本屋は、小早川隆景(こばやかわたかかげ)につかえ、のちには湯野の領主の家臣となった山田家の、民家風の大きな平屋建ての屋敷です。台所まわりのムシロ天井や、中二階の隠し部屋、座敷の刀隠し、外部から開かれない回転式雨戸など、中世末の武家屋敷の様子がうかがえます。建てられたのは、おそらく江戸時代中頃とおもわれます。
 現在、湯野に移築復元されています。
画像<山田家本屋>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
山田家本屋(QRコード)
映像

ページトップへ