1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しょうはちまんぐう
正八幡宮
指定国指定
市町山口市区分重要文化財時代江戸時代
一般向け
説明
 正八幡宮は山口市秋穂西に鎮座の古社である。本殿は三間社流造りで、桁行6.67m、梁間6.67mで、屋根は桧皮(ひわだ)葺き、周囲を鞘(さや)で覆っている。正面に木階(もこし)があり、本殿周囲三方に縁をめぐらし、高欄を付す。各所の蛙股はその彫刻が丸彫りに近い江戸時代中期の手法であるが、正面の一部に室町期のものが残っている。
 拝殿は桁行9.70m、梁間6.60?m、屋根は入母屋造りで桧皮葺き、三方に廻縁があり、正面に石段が付く。
楼門は一間一戸の楼門形式で、屋根は入母屋造りで桧皮葺きである。正面に向拝が付き、左右に翼廊(よくろう)がある。楼門、翼廊を含めた桁行は22.95m、梁間は3.76m。両翼は後方に3.84m突出している。現在、正面中央一間を通路としているが、基礎や柱の柄穴の痕跡から全体を両翼と同様に拭板敷にした楼拝殿であったと知れる。側面三間のうち二間が後方に突出していることは、回廊形式に似ている。
 社伝によれば、814年(弘仁5)に二島の古宮の地に創建されたといい、1501年(元亀1)に大内義興が現在地に社地を移したという。現在の社殿は1740年(元文5)に長州藩主毛利宗広によって建立されたものである。
本社は山口県独特の楼拝殿造りを踏襲し、装飾部分がすぐれ、広大な屋根の全体を桧皮葺きとするなど、江戸時代中期を代表する立派な社殿ということができる。
小学生向け
説明
 正八幡宮は、山口市秋穂に古くからある神社です。平安時代の初めごろにつくられたといわれ、室町時代になって大内義興(おおうちよしおき)が現在の場所に移したといいます。この社殿は、江戸時代中ごろに長州藩主毛利宗広によって建てられたものです。
本殿の建築手法は江戸時代中期のものですが、正面の一部に室町期のものが残っています。
 拝殿は、三方に縁がついており、正面に石段があります。
楼門には、正面に向拝がつき、左右に翼廊(よくろう)があります。現在、正面中央一間を通路としていますが、むかしは翼廊とともに板敷にしてあった楼拝殿形式であったと思われます
 本社は山口県独特の楼拝殿造りで建てられており、かつ、江戸時代中期を代表する立派な社殿です。
画像<正八幡宮>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
正八幡宮(QRコード)
映像

ページトップへ