1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もうりしていえん
毛利氏庭園
指定国指定
市町防府市区分記念物時代大正時代
一般向け
説明
 防府市多々良山の南のふもとにある旧藩主毛利氏の邸宅及び庭園。敷地の面積は約5万3000㎡。毛利邸の敷地は、1892年(明治25)井上馨が旧藩主毛利元昭の本居にふさわしい場所として選定した。日清・日露戦争の影響で着工が遅れたが、1911年(大正元)に着工し、1916年(大正5)に完成した。
 邸宅は10棟からなり、木造瓦葺き。木材は木曽の御料松や北海道・屋久島等の名産特殊材を選んだといわれる。庭園は本邸にいたるまでのクロマツの並木を配した路傍庭園、邸内の平庭(ひらにわ)と林泉(りんせん=木立や泉水がある庭)からなる。平庭は各建造物に調和するように各所に配置されていて、客殿の書院の南側にある平庭が最も豪華である。林泉は中央に面積約8000㎡の瓢箪池を配し、自然の地形と植物を調和させている。
 邸内には毛利博物館があり、毛利氏にかかわる資料を多数収蔵している。
小学生向け
説明
 防府市多々良(たたら)山の南のふもとにある旧藩主(はんしゅ)の毛利氏の邸宅(ていたく)および庭園です。
 1911年(大正元)につくりはじめ、1916年(大正5)に完成しました。
 邸宅は木造かわら屋根で、木材は当時国内で最高のものを選んだといわれています。
 庭園には、入り口から邸宅までの道沿いにクロマツを植えた庭園と、邸宅の敷地内につくられた木立や池のある庭園があります。
 邸内の庭は各建物に調和するようにつくられていて、客殿(きゃくでん)の南側にある庭には池があり、自然の地形と植物を調和させていて、ごうかです。
画像<毛利氏庭園>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
毛利氏庭園(QRコード)
映像

ページトップへ