1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称じゃくちきょう
寂地峡
指定県指定
市町岩国市区分記念物時代
一般向け
説明
 山口県と島根県との県境にまたがる県下最高峰の寂地山(標高1337m)に源を発する宇佐川の上流の犬戻峡(いぬもどしきょう)と、龍が岳に源をもつ龍が岳峡(りゅうがだけきょう)の二つをまとめて寂地峡という。
 犬戻峡は、長さ約3.5kmにわたって滝と深い淵が連続しており、渓流と川底の岩石が周囲の樹木に溶け込んで変化に富んでいる。
 龍が岳峡は、長さ約1km、上流の龍頭ノ滝から末尾の龍尾ノ滝まで七つの滝が、花こう岩を深くけずり込んで連続し、滝の落差の合計は90mに達する。
 動植物も豊富で、山すその近くでは、ウラジロガシ、モミ、ツガ、サカキなどを主としており、山頂近くでは、ブナ林となっている。山頂部の原始林には、ツキノワグマ、モモンガ、ムササビ、コノハズク、コガラほか50種以上の鳥獣類が生息し、昆虫類も非常に豊富である。
小学生向け
説明
 西中国山地国定公園の一部で、県内でもっとも高い山、寂地(じゃくち)山(標高1337m)を源流とする宇佐川の上流にあり、滝(たき)と深い淵(ふち)が連続しています。竜ヶ岳峡(りゅうがだけきょう)と呼ばれるところは、七つの滝がうすいピンク色の岩石を深くけずりこんでいて、滝の落差の合計が90mもあります。動植物も豊富で、山頂近くではブナ林となっていて、ツキノワグマ、モモンガ、ムササビ、コノハズク、コガラのほか50種以上の鳥やけものが生息しています。また、多くのこん虫も生息しています。
画像<寂地峡>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
寂地峡(QRコード)
映像

ページトップへ