1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称やさかきょう
弥栄峡
指定県指定
市町岩国市区分記念物時代
一般向け
説明
  広島県との境を流れる小瀬(木野)川の中流にある弥栄峡のうち、白滝橋から魚切の堰堤(えんてい)の間の上流部約1kmが、1966年(昭和41)名勝に指定された。
 この一帯は、小瀬川が硬い花こう岩からできた山地を横切って流れており、川の両側の山は高度差約300mの急斜面となっている。各所に花こう岩の岩壁が見られ、この峡谷が小瀬川の水の働きによって、長い年月をかけて形成されたことがわかる。
 小瀬川の流れは速く、は幅が狭く、川底の岩盤をえぐりながら流れているため、川底には多くの滝や甌穴(おうけつ)ができており、川岸や川底には多くの割れ目(節理という)のある花こう岩が出ている。これらの間を清流が深い淵をつくって流れ、両岸の樹木と調和して、見事な峡谷美を展開している。下流に弥栄ダムをつくる際、総合学術調査を実施している。なお、この周辺は、カワシンジュガイの生息南限地でもある。
小学生向け
説明
  広島県との境を流れる小瀬(おぜ)川の中流にあります。この辺りは、小瀬川がかたい岩石からできた山を横切って流れていてます。そのため、川の両側の山は切りたっていて各所に岩はだが見えます。この峡谷(きょうこく)は小瀬川の水の働きによって、長い年月かかってつくられたものです。現在の小瀬川も流れが速く、川底の岩をけずって、川はばがせまくなっています。川岸や川底の岩には割れ目があり、これらの岩の間を清流がたきや深いふちをつくって流れています。なお、ここの付近は、カワシンジュガイのもっとも南の生息地です。
画像<弥栄峡>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
弥栄峡(QRコード)
映像

ページトップへ