1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称あきよしどう
秋芳洞
指定国指定
市町美祢市区分記念物時代
一般向け
説明
  秋吉台の南、広谷に入口のある石灰洞。地下の川が滝となって流れ出て、昔は滝穴(たきあな)と呼ばれた。1926年(大正15)、昭和天皇が皇太子時代に探勝され、秋芳洞と命名された。
 入洞できる長さは約1.5km、最大幅100mに及び、わが国最大規模の石灰洞である。常に多量の水が流れる横穴で、洞内は淵あり、急流あり、山ありで変化に富む。鍾乳石(しょうにゅうせき)・石筍(せきじゅん=天井からの水でできた竹の子のようなもの)・石柱などの石灰生成物も豊富。石灰華で縁どられた階段状の池「百枚皿」や、鍾乳石の滝「黄金柱」は特筆すべきものである。
 主洞は入口から約1.2kmで水没する。潜水調査により、洞は奥に伸びて、数か所で水没するが、その先は美東町大田鳶の巣の「葛ヶ穴(くずがあな)」につながることが明らかにされた。
 広庭(ひろにわ)付近から北西に長さ約300mの黒谷(くろたに)支洞があり、人工トンネルで台上の矢ノ穴ドリーネに出ることができる。洞内には、目の退化したエビなど特異な生物が生息している。
小学生向け
説明
  秋吉台の南に入口のある石灰洞(せっかいどう)です。地下の川が滝(たき)となって流れ出ていて、むかしは滝穴(たきあな)と呼ばれていましたが、昭和天皇がまだ皇太子の時に見られて、秋芳洞(あきよしどう)と名づけられました。人が入ることのできる洞の長さは約1.5km、最大はば100mで、わが国でもっとも規模の大きな石灰洞です。つねに多量の水が流れる横穴で、「百枚皿」や「黄金(こがね)柱」はよく知られています。主な洞は入口から約1.2kmで水ぼつしますが、調査により、美東町鳶の巣(とびのす)の「葛ヶ穴(くずがあな)」につながっていることが明らかにされています。
画像<秋芳洞>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
秋芳洞(QRコード)
映像

ページトップへ