1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称なかおどう
中尾洞
指定国指定
市町美祢市区分記念物時代
一般向け
説明
  秋吉台の西北端、美祢市秋芳町青景の中尾台の頂上付近にある石灰洞で、洞の主な部分は1921年(大正10)に発見された。洞口は標高180mにあり、全体として北東に延びる。総延長約260m、この地域では中規模の洞である。頂の洞・入口の洞・中の洞・底の洞・奥の洞の五部よりなり、全体として上・中・下の三層構造をしている。
 頂の洞は、径30m、深さ6mのすり鉢状くぼ地(ドリーネ)で、くぼ地の底の北側に入口の洞がある。入口の洞の急傾斜を降りると、中の洞へと続く。中の洞は入口より約25mも低い位置にある。中の洞より約10m登ると奥の洞がある。奥の洞はほとんど水平に120m続いており、鍾乳石(しょうにゅうせき)・石筍(せきじゅん=天井からの水でできた竹の子のようなもの)などの石灰生成物がよくできている。中の洞の下には底の洞があり、さらに下に続いている。
 一般に開放されていないため、発見当時に近い状態で保存されている。見学には、市教育委員会の許可が必要である。
小学生向け
説明
  秋吉台の西北、美祢市秋芳町青景(あおかげ)の中尾台の頂上近く(標高180m)にある石灰洞(せっかいどう)です。洞のおもな部分は1921年に発見されました。全体の長さは約260mで、大きさは中規模といえます。頂(いただき)の洞・入口の洞・中の洞・底の洞・奥の洞の五つからできていてます。奥の洞は、水平に120m続いており、鍾乳石(しょうにゅうせき)などがよくできています。一般に開放されていないため、発見当時に近い状態で保存されています。見学には、市教育委員会の許可が必要です。
画像<中尾洞>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
中尾洞(QRコード)
映像

ページトップへ