1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称たいしょうどう
大正洞
指定国指定
市町美祢市区分記念物時代
一般向け
説明
 秋吉台北部、真名ヶ岳の北のふもと、美祢市美東町佐山に入口のある石灰洞。総延長約930m、縦穴と横穴が立体的に組み合わさった洞で、上・中・下の三層に分けられる。洞口は標高160mで、中層にある。少し入った「牛隠し」と呼ばれる広間より奥は、1922年(大正11)に探検され、狭い通路の奥に、上層の大洞窟が発見された。
 上層は標高170~180mにあり、「極楽」とも呼ばれる。北西から南東方向に長さ約170m、最大幅約20mで、鍾乳石などの石灰生成物がよく発達する。標高160m前後の中層は、水に溶かされてできた狭い通路や、石灰岩が溶けずに残った天然橋などがある。標高120~160mの下層は、縦穴が迷路状になっていて、最深部には地下水がある。この水は、近くにある「犬が森の穴」という吸い込み穴につながっていて、約1.5km西方の青景川に流れ出ている。1956年(昭和31)11月に照明施設が完成し、観光洞となっている。
小学生向け
説明
 秋吉台北部、美祢市美東町佐山にある石灰洞(せっかいどう)で、全体の長さは約930mあります。縦穴と横穴が立体的に組み合わさった洞で、上・中・下の三つの層に分けられます。入口から少し入ったところにある「牛隠し(うしかくし)」と呼ばれる広間より奥は、1922年に発見されました。上層は「極楽(ごくらく)」とも呼ばれ、長さ約170m、最大はば約20mで、鍾乳石(しょうにゅうせき)などがよく見られます。中層には水にとかされてできたせまい通路や、石灰岩がとけずに残ってできた天然の橋などがあります。下層は縦穴が迷路のようになっていて、もっとも深いところには地下水があります。
画像<大正洞>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
大正洞(QRコード)
映像

ページトップへ