1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称かんじゅじゅりん
干珠樹林
指定国指定
市町下関市区分記念物時代
一般向け
説明
  干珠樹林のある満珠島(4.5ha)は、長府の沖2.6kmの瀬戸内海に浮かぶ樹林におおわれた美しい島で、本土寄りにある干珠島とともに忌宮(いみのみや)神社の社地になっている。これらの島のどちらを干珠といい、満珠(まんじゅ)というかは昔から異説がある。国指定天然記念物では沖の大島を干珠、手前の小島を満珠としているが、国土地理院の地形図では逆になっている。
 沖合にある満珠島は、花こう岩からなり、島の中央部が最も高く標高49.6mで、急傾斜で海面に接している。干珠樹林はうっそうとした原始林で、樹種は70科186種を数える。スダジイが優先し、ハマセンダン、バクチノキ、ハマビワ、イスノキ、クロガネモチ、ナタオレノキ等ほとんどが暖地性の植物からなる。
 この樹林は人為的な攪乱をほとんど受けておらず、瀬戸内海西部における原生的な植生を示すものとして貴重なものである。
小学生向け
説明
  干珠(かんじゅ)樹林のある満珠(まんじゅ)島は、長府の沖2.6kmの瀬戸内海に浮かぶ美しい島です。満珠島は花こう岩からできていてます。島の中央がもっとも高くて、標高は49.6m、周囲は急しゃ面になっています。干珠樹林はうっそうとした原始林で、スダジイを主に、多くの樹木が生育しています。なかでもハマセンダン、バクチノキ、ハマビワ、イスノキ、クロガネモチ、ナタオレノキなどは暖かい地域に生育する植物です。この樹林は人によってあらされておらず、瀬戸内海西部における原生林の様子を教えてくれる貴重なものです。
画像<干珠樹林>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
干珠樹林(QRコード)
映像

ページトップへ