1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ひらかわのおおすぎ
平川の大スギ
指定国指定
市町山口市区分記念物時代
一般向け
説明
 スギはスギ科の常緑針葉高木。平川の大スギは、山口市吉田、高倉山の平清水八幡宮社有地にある巨木。うっそうとした雑木林の中にあり、遠方からはその頭部だけが見える。
 離れて見ると一株のように見えるが、実際は数株がくっついている。根元の周囲は10.5m、目の高さの幹周り8.5m、高さは約35m。地上約4mで大きな枝が十数条に分かれ、直立するものが三枝ある。他の十数枝は四方に伸びており、西方に伸びる枝が特に大きい。
 スギは東北地方から九州の屋久島まで広く自生する。比較的湿潤を好み、幹は直立し、高さ40mに達する。社寺では神木としてまつられていることも多い。
 日本海側のスギは幹の下部から枝分かれし、太平洋側のスギはまっすぐ伸びて上部で分かれるという特徴がある。平川の大杉は幹の下部から枝分かれしていて、日本海側の特徴を示していて、大きさだけでなく、樹形にも価値のある巨木である。
 平成11年9月24日に山口県に上陸した台風18号により主要な枝の多くが折れるなど重大な被害を受けたが、ただちに折れた枝の処理、土壌改良などの措置を講じて樹勢回復に努めている。
小学生向け
説明
 平川の大スギは、山口市吉田の雑木林(ぞうきばやし)の中にあります。現在は、一本の木ですが、数本のスギがくっついたようです。根元の周囲は10.5m、高さは約35mで、十数本の大きな枝が四方にのびています。
 スギは東北地方から九州の屋久島(やくしま)まで広い範囲で自生していて、幹はまっすぐに立ち、高さ40mにも達します。平川の大杉は幹の下部から枝分かれしていて、日本海側に生育するスギの特ちょうを示していて、大きさだけでなく、木の形にも価値のある巨木です。
画像<平川の大スギ>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
平川の大スギ(QRコード)
映像

ページトップへ