1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ほうせんじのしんぱく
法泉寺のシンパク
指定国指定
市町山口市区分記念物時代
一般向け
説明
 シンパクはヒノキ科の常緑中高木、イブキやビャクシンなどともいう。法泉寺は応永年間(1394~1427)頃に大内氏が建立した寺で、大内氏滅亡後は廃絶した。
 このシンパクは山口市滝町、五十鈴川右岸のスギ林中にある。三本が接しているように見えるが、実際には一本のシンパクが根元から三本の幹を伸ばしている。根元の総周囲は9.4mに及ぶ。北の幹は直立して主幹のように見え、根元の周囲3.8m、目の高さの幹周り3.3m、高さ13mである。南の幹は南方に傾き、根元の周囲3.1m、目の高さの幹周り2.2mである。西の幹は根元が折れて著しく傾いていて、2000年(平成12)11月現在、芽生えは全くない。全体として樹勢はやや衰えている。
 シンパクは本州、四国、九州に分布し、ときには高さ18m、幹の周囲は6mに達する。この木は、法泉寺の山門の側に植えたものといわれ、現在でもこの地は「山門の壇」と呼ばれている。
小学生向け
説明
 シンパクはヒノキの仲間で、常緑中高木(一年を通して緑の葉をつけている少し背の高い木)で、イブキやビャクシンともいいます。法泉寺は1400年ごろ大内氏の建てた寺で、大内氏がほろんだ後は絶えました。このシンパクは山口市のスギ林の中にあり、法泉寺の山門の側に植えたものといわれています。3本が接しているように見えますが、実際には1本のシンパクが根元から3本の幹をのばしています。シンパクは本州、四国、九州に分布し、ときには高さ18m、幹の周囲は6mにも達します。
画像<法泉寺のシンパク>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ