1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称おおたますぎ
大玉スギ
指定国指定
市町周南市区分記念物時代
一般向け
説明
 周南市須々万の須々万(飛竜)八幡宮の境内にある。遠くから見た枝張りと葉の付き方の特徴から大玉スギと呼んでいる。このスギは直立した老木で、根元の周囲 17m、目の高さの幹周り10.5m、高さ約34mである。北側には枝が少なく、もっぱら南側に枝を伸ばしている。地上約5mと8mで、径約1m巨枝を出し、さらにその上方で多数の枝を出す。以前、落雷でこずえが枯れてしまったが、平成9年に樹勢回復措置を講じ、現在、樹勢は旺盛である。
 この木の前面(東側)に鳥居が建ち、樹幹にはしめ縄が張ってある。かつては石の玉垣が設けてあり、八幡宮にお参りするものは、この大玉スギにも礼拝するのがならわしになっている。これは、八幡宮を建てる場所を決めるとき、スギの生育する地を社地に定めようと神に誓ったことにちなむものであるという。
小学生向け
説明
 周南市須々万の、お宮のけいだいにあるスギです。遠くから見たとき、枝や葉の付き方が玉のように見えるので、大玉スギと呼んでいます。このスギは直立した老木で、根元の周囲17m、高さ約34mです。南側には、地上約5mと8mのところで直径約1mの大きな枝を出し、さらにその上方でも多くの枝を出していますが、北側にはあまり枝は出ていません。むかし、かみなりでこずえが枯れましたが、木を元気にする工事を行い、幹の空どうもなくなり、生き生きとしています。この木の東側には鳥居が建ち、樹幹にはしめなわが張ってあります。お宮にお参りするひとは、この大玉スギにも参るのが習わしになっています。
画像<大玉スギ>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ