1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称かべしまうとらいち
壁島ウ渡来地
指定国指定
市町下関市区分記念物時代
一般向け
説明
 ここの「ウ」はウミウで、ウ科の水鳥。壁島は下関市豊北町和久の北北西約 700mの海上にある東西に長く連なる岩礁(がんしょう)で、花こう岩でできている。最も高いところは海面上50mに達する。満潮のときは、およそ十個の岩礁に分かれるが、干潮のときは一つにつながる。
  壁島には、毎年十一月下旬より翌年の三月下旬にかけて、数千羽のウミウが渡来し、群をなして生息する。日中は響灘、日本海西部、関門海峡付近まで飛んでいき、海で潜って魚類などの餌を採る。夕方になると島に帰り、断崖を休憩場所やネグラとして利用する。
 島にはウの糞(グアノ)が堆積しており、遠くから見ると白壁のように見える。最も高い岩礁の色は特に白くなっている。グアノは燐酸(りんさん)肥料として使われている。
 ウミウは、う飼いの「ウ」として使われる鳥。くちばしは長く細い円筒形で、首が長い。夏に北方で繁殖し、冬に本州に渡来し越冬する。
小学生向け
説明
 ここの「ウ」はウミウという水鳥です。壁島は下関市豊北町から700mはなれた海上にある岩しょうです。この島には、毎年十一月後半より翌年の三月後半にかけて、数千羽のウミウが渡って来て、群れをなして生息します。日中は響灘(びびきなだ)、日本海西部、関門海峡(かんもんかいきょう)付近まで飛んでいき、海にもぐって魚などのえさをとり、夕方になると島に帰り、島を休けい場所やネグラとして利用しいます。島にはウのふん(グアノ)が積み重なっており、遠くから見ると白壁のように見えます。
画像<壁島ウ渡来地>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
壁島ウ渡来地(QRコード)
映像

ページトップへ