1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称まぐらのおおいわごう
万倉の大岩郷
指定国指定
市町美祢市区分記念物時代
一般向け
説明
 「万倉の大岩郷」は、美祢市奥万倉の奥屋敷集落から南東約1km、金比羅山南の緩い斜面にある。「岩郷」とは大きな岩(巨れき)がごろごろと重なり合った様をいったもので、岩海ともいう。大きさ1~6mの深成岩の一種のせん緑岩の巨れきが、厚さ数m以上、広さは27haに堆積している。標高300m付近に、幅100m、奥行き150mの範囲でよく観察できる。巨れきの大きさ、岩海の広さともに吉部の大岩郷より規模が大きい。
  巨れきは、近くの山地と同じ岩石であることから、遠方から運ばれたものではなく、現地のものであるといえる。岩海の成因は、岩石に割れ目(節理)ができて風化が進み、分離された岩塊が集積したものといわれるが、不明な点もある。岩海は暖まりやすく、巨れきの底には地下水流もあり、それらの特異な条件による特有の植物が生育している。吉部の大岩郷とともに、巨人にまつわるユーモラスな民話が残っている。
小学生向け
説明
 「万倉の大岩郷」は、美祢市にあります。「岩郷」とは大きな岩がごろごろと重なり合ったようすをいったもので、岩海ともいいます。大きさ1~6mの深成岩(マグマが地下で冷え固まってできた岩石)の一種のせん緑岩という岩石がたい積していて、はば100m、奥行き150mの範囲でよく観察できます。大きな岩は、近くの山地と同じ岩石であることから、遠方から運ばれたものではなく、近くの山の岩石に割れ目ができて風化が進み、はなれた岩が積もったものといわれていますが、よくわからないところも残っています。
画像<万倉の大岩郷>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
万倉の大岩郷(QRコード)
映像

ページトップへ