1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称かわかみのゆずおよびなんてんじせいち
川上のユズおよびナンテン自生地
指定国指定
市町萩市区分記念物時代
一般向け
説明
 自生地は阿武川ダムの西南西約3km、萩市川上遠谷の山中にある。萩市川上の山林地帯はスギ、ヒノキの造林地を除けば、シラカシとアラカシを主体とする照葉樹林である。それらに混じってあちこちにユズが生育し、場所によってはユズが高木層に混生している。指定地では、大きいものは目通り直径30cmにも達する。樹齢60~70年になれば、枝先から枯れはじめるので、100年以上の老木は認められない。ユズは野生の状態で、果実が熟する秋には一面が黄色く見えるという。
 指定地の他、全村にわたり天然林、人工林の別なく、下木の5~8割はナンテンである。ナンテンはメギ科の常緑低木で、幹の高さは1~2mである。本州(東海道以西)、四国、九州、中国大陸に分布しており、日本の自生地は相当広範囲であるが、川上村のように多数生育しているのは珍しい。
小学生向け
説明
 自生地は阿武川ダムから3km離れた、萩市川上の山の中にあります。萩市川上の山林には、あちこちにユズが生育していて、大きいものは直径が30cmにも達します。ユズは野生の状態で、果実が熟する秋には一面が黄色く見えるといわれています。また、村内の山林には、幹の高1~2mのナンテンが多く生育しています。ナンテンは常緑低木(一年を通して緑の葉をつけている背の低い木)で、冬には多くの赤い実を付けます。
画像<川上のユズおよびナンテン自生地>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
川上のユズおよびナンテン自生地(QRコード)
映像

ページトップへ